蔵造り醤油

鎌田醤油蔵造り醤油

私たち鎌田醤油株式会社の醤油づくりの特徴は、素材へのこだわり。地域の田畑に足を運び、自らの目で確かめて農家さんと契約し、丹精込めて栽培された丸大豆と小麦を使用しています。この素材が、伝統的工程によってこだわりの醤油へと生まれ変わるのです。
鎌田さんシリーズは、様々なお料理でそのままご使用可能な「蔵造り醤油」をはじめ、めんつゆ、ゆずぽん醤油など、バリエーション豊富に取り揃えております。ぜひご賞味ください。

鎌田さんの「蔵造り醤油」

蔵づくり醤油300_300契約栽培された、地元宮城県産大豆と小麦を主原料に麹を造り、食塩水と混ぜ合わせ、その諸味を1年半以上熟成させて舟かけという従来の方法で搾り出された、自慢の宮城県産丸大豆醤油です。

【価格】(税別)

150ml卓上瓶
360ml瓶
900ml瓶

※価格は平成27年4月5日現在の価格です。予告なく価格を変更する場合がございます。

ご注文はこちら

 

 

お薦め用途

冷ややっこ300_190

夏の暑い日の定番「冷ややっこ」。みょうがやおろししょうがをのせて食べることが多くなります。酒の肴にもうれしい一品ですね。

お刺身300_190

お醤油との相性が抜群の魚介類。季節ごとの旬の魚介類にもぜひ鎌田醤油のお醤油でどうぞおめしあがりください。

おくら納豆300_190

明治初期頃から日本でも栽培が始まった「オクラ」。暖かい地方で栽培されている食用果実ですが、現在は一年を通してスーパーで手に入る食材です。細かく刻んで納豆の薬味としても人気がありますよね。